虚実

短歌 自傷ネタ含みますので御注意を

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.13

愛してる

愛してる愛してるって君の背に石をどんどん投げる気持ちだ(茱萸木ヒヅキ)
スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.31

飛び下りの歌に続き、茱萸木さんの歌、またグサっときました。
自分と相手のしあわせが一致する愛ってそんなに難しいことではないと思う反面、奇跡のような出来事にも思えます。
難しいです、愛。(短歌も、リアルな話としても……)
2005.08.14-22:23 + 槇野 てる + URL + *edit

→ Comment No.33

お言葉、凄く嬉しかったです。

私はとても一人相撲をとっている気がします。
二人が真摯に話しあうことで、幸せを一致させられるのでは
(思ってもいない方向で)とも思います。

私にとって愛とは何だ?と考えて、手が止まっています。
おうちの御飯や庭の植木、大好きな石。
人間以外になら言えそうなんですけれど……。
2005.08.15-03:10 + 茱萸木ヒヅキ + URL + *edit

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。